寝汗とは

 
誰でも寝ている時は汗をかきます。普通の人でコップ1杯~2杯の量の汗をかくと言われます。
 
問題になってくるのは「寝汗の量」になってきます。

・何でも着替えるほど寝汗が出る…

・寝巻きが濡れて冷えるくらい汗をかく…
 
・寝汗が酷くて眠れない…
 
などの時は、何かしらの異常があるサインです。
 
まずは自分が何で寝汗を掻いているのかが大事になってきます。
 
自分の「寝汗の種類」から特定して寝汗を治しましょう。
  

寝汗をかく理由

 
寝汗は正常な反応の1つで、適正な寝汗は睡眠の質を高めるために必要なものです。
 
汗というのは「体温を適正な状態に保つ」ために分泌され、汗をかく事で36℃前後に体温を調節してくれています。
 
汗が出るのは「体温が上がった時」になり、汗が出る事で皮膚の熱を奪い、それによって体温を適切な温度に下げてくれるのです。
 
寝汗も同じように「体温を下げる」為に出ていますが、睡眠に適した体温まで下げる為に出ています。
 
実際に正常な睡眠では、深い眠りについている時の体温は日中の活動時と比べると1℃ほど低いと言われています。
 

寝汗はずっと出ているのか?

寝汗は寝ている時にずっと出ているわけではなく、深い眠りに入る直前に多く分泌されます。
 
その為、正常な寝汗というのは「睡眠の前半で体温を下げて眠りを深くするために分泌されているもの」です。
睡眠の後半にはあまり出ていない為、寝汗が出ている事を実感する方は少ないと言われています。
 

異常な寝汗の原因と漢方薬

 
異常な寝汗の原因としては、「疲れ」「自律神経の乱れ」「手足からの放熱不足」などになります。
 
1番多い原因としては「疲れ」の部分です。
 
原因別に説明していきますね。

「疲れ」が原因の場合

 
東洋学的に「身体が疲れている」状態の事を「脾虚」と言います。
 
脾虚が酷くなると微熱・体重減少・食欲低下・寝汗などの症状が出てきてしまうのです。

今まで「寝汗」で悩まれている方を何人も見てきましたが、「脾虚」が原因の方が一番多いです。
 
自分では疲れていないと感じても身体は正直なので、寝汗をかき教えてくれています。
 

「疲れ」の漢方薬

 
「疲れ」が原因の場合、滋養強壮の作用のある漢方薬を使っていく事が多いです。

一番多いのは皆さんも良く知っていると思う「人参剤」です。
 
「人参」にも色んな種類があり、その方にあった人参を使っていく事が大事です。(人参、紅参、太子参、西洋参…)
 
一般的な漢方薬名だと「補中益気湯」などは聞いた事があると思います。
 
ただ「人参」を使う漢方薬はそれ以外にも夏バテに使う事の多い「清暑益気湯」など色々な漢方薬があります。

自分に合う「人参剤」を使っていく事が大事になってきます。
 

「自律神経の乱れ」が原因の場合

ストレスなどの要因により自律神経が乱れる事で汗のかき方が変わってしまいます。
 
一般的に寝ている時は休んでいる時の神経(副交感神経)が優位にたつのですが、自律神経が原因で寝汗をかいている方はストレスなどで緊張している時などに優位な神経(交感神経)が優位になってしまっています。
 
他にも「更年期症状などのホルモンバランスの乱れ」なども自律神経の乱れによる寝汗に繋がってきます。
 
特に更年期症状は「首から上の発汗」をされる方やホットフラッシュのように「汗が出たり引いたり」する事があります。
 

「自律神経の乱れ」の漢方

自律神経を整えていく漢方薬は、一人一人違ってきます。

基本的には、「気の発散」を手助けする漢方薬や「水の流れを調節」する漢方薬を使う事が多いです。
 
更年期症状の寝汗に関しては、
 
更年期障害
 
のページを参考にされて下さい。

「手足からの放熱不足」が原因の場合

寝汗をかく理由として「体温を下げること」とお話しましたが、体温を下げる方法には「手足の動脈を開くことで放熱」して体温を下げるという方法もあります。

「手足の動脈を開くことで放熱」が上手くできない事で、寝汗をかいてしまう事があります。

手足が暑くて寝れないという方は、この放熱が上手くいっていない方が多いように考えられます。

「手足からの放熱不足」の漢方薬

 
「黄連解毒湯」などの「清熱作用のある漢方薬」「地黄剤」を言われるものを組み合わせて改善してくことが多いです。
 
寝汗以外にも手足が暑くて寝れないという症状がある方は、こちらも並行して改善する事が多いですよ。
 

寝汗の症例

症例(昭和43年生、男性)

ここ1年くらいとにかく疲れが抜けずらく、慢性疲労感でご相談に来られた患者さんなります。
症状としては、疲労感がぬけない・「寝汗をかいて疲れる」などの症状との事。

最近特に仕事が忙しくなり、寝汗をかくようになったとおっしゃっていました。

漢方の種類としては、疲れからきているものと考え

①脾虚の煎じ薬
②脾虚の補助剤(錠剤)

の2種類を出させて頂きました。

漢方服用開始から4ヶ月大分疲労感は抜け、「寝汗が改善している」との事。
 
漢方治療開始から1年仕事が忙しい時はさすがに辛いがそれ以外はどちらも調子が良いとの事でした。
 
漢方治療開始から2年大分調子の良い時も増えているので漢方治療を終了。

慢性疲労からくる「寝汗」の患者さんになります。
疲労感、寝汗ともに改善が見られ、無事に漢方治療が終了となりました。