こんにちは。薬局長の林 泰太郎です。
 
よろしくお願いします。
 

生まれは東京になります。

  
中学の時に一度、「栃木県の宇都宮に」
 
高校の時に「千葉県の木更津」に住んでいました。
 
大学は「埼玉県」になるので転々としていた感じになりますが、一番多く滞在しているのは「東京」です。
  
なぜか「東京生まれ東京育ち」に見られない事が多いです(笑)
 

薬剤師になるきっかけ

元々野球をしていた為「スポーツドクター」になりたく医療の道を目指していた事がきっかけになります。
 
スポーツドクターを目指して医学部受験をしましたが、医学部の壁は高くどうしても浪人はしたくないと思い「健康薬学」という分野のある薬学部に行かせて頂きました。(今思うと何で浪人したくなかったかはわかりません…(笑))
 
「健康薬学」って何をするのかなとワクワクしていたのですが、特に他の科と変わりなく普通の薬学の勉強が主でした。(笑)
 
最初にご紹介しました野球は今もやらせて頂いています。(最近は時間がなくて行けてませんが…)
 
薬剤師になるきっかけとなった野球には感謝ですね。
 

調剤薬局で3年間働かせて頂きました。

薬剤師になり最初は他の薬剤師さんと同じように調剤薬局で3年間働かせて頂きました。
 
2店舗あったのですが、その中の1つが「1日400枚~500枚くらい処方箋がくる調剤薬局」だったのですごく忙しかったです。
 
当時知らない薬はないのではないかと思う位、薬の量が豊富な薬局でした。
 
その経験が今でも活きていると思います。
 

博多へ漢方の修行へ

調剤薬局時代に、「治らない病気をなんとか治したい。」という思いから博多の漢方薬局に勤めさせて頂きました。
 
漢方=体質改善というイメージから早い方は1ヶ月で改善が見られてくるのをみて「漢方ってすごいんだな」って素直に実感致しました。
 
漢方を一から教えて頂いた師匠には感謝してもしきれないですね。
 
少しではありますが、「自己紹介」になります。
 
時間がある時に太陽堂の話しもかかせて頂きますね。
 
読んで頂きありがとうございました。