昭和30年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・動悸・疲れの方になります。
 
2年くらい前より体力の低下を感じ、昨年の市の検診で非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
症状が出てきている為、改善が見られたらとの事でご相談に来られました。
 
症状としては、咳・胸痛・疲れやすさになります。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、咳や胸の痛みに関してはほとんどなくなったそうです。
ただ、疲れやすさだけはまだあるとの事。
 
漢方服用開始から6ヶ月、咳もなくなり胸の痛みも全くなくなっているとの事。
病院に行った所、影も薄くなっていると言われたそうです。
 
漢方服用開始から9ヶ月、先日病院に行った所、血液検査・レントゲン共に良好との事でした。
順調に良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年1ヶ月、検査結果も体調も良いので菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬を1日1回に。
その代わりに眠りが浅いとの事で「自律神経を調節する漢方薬」を出させて頂いた所、疲れも眠りも調子が良いそうです。
 
漢方服用開始から1年4ヶ月、風邪を引く事もなく身体の疲れもなく調子は良いとの事。
体調良く過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
調子良く過ごされているとの事で引き続きこの調子が続くと何よりですね。