昭和28年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症の方になります。
 
1年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症と診断。
咳や痰・肺の違和感などが気になりご相談に来られました。
 
症状としては黄色血の混じった痰が出るとの事。
咳に関しては、人とお話しをしていると咳が止まらなくなるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、咳や痰が少なくなり肺の違和感が減っているとの事。
少しずつ良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、寒くなってから少し咳が出るけど、最初に比べると大分減っているとの事。
痰の量も減っているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、咳が出始めると止まらない時があるが完全に止まっている時もあるとの事。
イガイガしている感じがなくなったとおっしゃっていました。
 
改善が見られているようで安心いたしました。
寒い時期になり心配していましたが、悪化することなく過ごせているようで何よりですね。
引き続きこの調子で過ごせると良いですね。