昭和13年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症」・「気管支拡張症」の方になります。
 
20年ほど前より咳や痰が気になっていましたが時間がない為経過観察していました。
症状が酷くなってきたので、病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症と診断されこちらにご相談に来られました。
 
症状としては、血痰・朝方の咳との事。
酷い時は喀血がおきてしまうとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺を潤す煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、咳や痰ともに落ち着いてきているとの事。
血痰も出る事なく過ごしているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、心臓の下の方に見えていた影がなくなっていたとの事。
咳や痰に関しても調子が良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、花粉の時期の為鼻の調子が悪いが、咳や痰・血痰は出なくなっているとの事。
順調に改善しているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から11ヶ月、咳や痰も少なくなり順調に過ごしているとの事。
体調も良いとの事でした。
 
漢方服用開始から1年2ヶ月、咳や痰ともに少なくなり調子が良いので、菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を半分の量まで落としました。
量を落としても夏バテなどもなく、元気に過ごしているとの事。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
量を少なくしても元気に過ごしているとの事で引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。