昭和25年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
6年ほど前に肺炎と言われ病院に入院した時に非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
ここ1ヶ月、症状が酷くなっているとの事でこちらにご相談に来られました。
 
症状としては倦怠感食欲不振との事。
はあまり出ていないとおっしゃっていました。(出る時は茶色や黄色。)
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③気管支の炎症を取る煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、咳も出なくなり、倦怠感もなくなったとの事。
体重も増えているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から8ヶ月、一時期風邪を引かれてしまい咳・痰が少し出てしまった時期があったが、今は調子良く過ごされているとの事。
調子も良いので「煎じ薬」を休止して様子を見る事になりました。
 
漢方服用開始から11ヶ月、咳も出る事なく調子良く過ごしているとの事。
体調も悪くないとの事でしたので、菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を半分の量まで落としました。
 
調子の改善が見られているようで安心いたしました。
順調に良くなっているので、引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。