昭和28年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」・「気管支拡張症」の方になります。
 
10年ほど前より調子が悪かったが病名はわからなかったとの事。
 
昨年肺炎にかかった時に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症と診断。
症状が進んでいるのが気になり、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては起床時の透明な痰それに伴う咳が気になるとの事。
痰が詰まっているような違和感はずっと続いているとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③炎症や膿を取る煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痰の絡みもなくなり調子が良いとの事。
熱っぽさもなく順調に改善しているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、痰の量も減り3日に1度出るくらいまで減っているとの事。
体調も良く順調に改善が見られているとの事でした。
 
漢方服用開始から8ヶ月、体調が良いとの事で「炎症や膿を取る煎じ薬」を休止。
菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類のみを飲んで頂いているが調子が良いとの事でした。(炎症反応のCRPも0.07と好調。)
 
調子良く過ごされているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。