昭和26年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症」・「肺アスペルギルス症」の方になります。
 
8年ほど前に病院に行った所、「非結核性抗酸菌症」・「肺アスペルギルス症」と診断。
最近になり症状が酷くなってきている為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては「咳」「痰」「疲れ」「微熱」などが気になるとの事。
一番気になるのは「疲れ」「熱」になり、炎症反応であるCRPが「10を越えている」とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③脾虚の漢方薬
 
の3種類の漢方薬を出させて頂きました。
(脾虚とは身体の疲れになり、微熱・体重減少・食欲低下などの症状に繋がります。)
 
漢方服用開始から1ヶ月、熱は出てしまうが、10あったCRPが7まで下がったとの事。
少し変化があったとおっしゃって頂けました。
 
CRPの数値が少し下がってきた様でこちらもホッとしています。
症状が重いので、少しずつでも改善が見られていくと良いですね。