昭和22年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症・疲れ・食欲不振の方になります。
 
20年ほど前に血痰が出たがその時は何も言われず、10年ほど前に病院に行った所非結核性抗酸菌症と診断されたそうです。
クラリス・リファンピシン・エタンプトールを飲んでいたが副作用が出た為こちらに相談に来られました。
 
症状としては「咳」「痰」「息切れ」「倦怠感」とおっしゃっていました。
最近では一番気になるのは「食欲不振」「疲れ」との事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③疲れを取る煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、大分疲れが取れた為、「疲れを取る煎じ薬」を休止させて頂きました。
調子は良いとの事。
 
漢方服用開始から6ヶ月、疲れ・食欲共に調子が良いとの事。
ご飯も美味しく食べられているとおっしゃっていました。
 
調子の改善が見られ安心いたしました。
寒い時期に入っているので少し心配ですが、引き続き今の調子で過ごせると何よりですね。