昭和16年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「慢性膵炎」・「膵石」の方になります。
 
病院で慢性膵炎と診断されとの事。
検査数値(リパーゼ、アミラーゼなど)が上がってきているので、心配になりご相談に来られました。
 
今の所はっきり出ている症状はないが、便の状態が気になるとの事。
膵臓が炎症をおこす事で便の状態が不安定になってしまう事は多いです。
 
漢方の種類としては、
 
①膵臓の炎症を取る粉薬
②膵石を流してくれるお茶
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、便の状態が安定してきているとの事。
体調も悪くないとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、先日病院の検査に行った所、リパーゼ・アミラーゼ共に改善が見られたとの事。
アミラーゼに関しては正常値の範囲内まで改善していたとの事でした。
 
漢方服用開始から5ヶ月、風邪も引かずに調子よく過ごせているとの事。
便の状態も安定して体調も良いとの事でした。
 
漢方服用開始から7ヶ月、便の色がたまに気になる時があるが、基本は調子良く過ごせているとの事。
風邪も引かずに元気に過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から9ヶ月、症状なく元気に過ごせているとの事。
便の状態も気になる時はほとんどないとの事でした。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。