正常眼圧緑内障は漢方薬で改善が可能です。

 
視野が狭まる前に対処していきたい…
  
少しずつ視野が欠けてきている…
 
いつか失明してしまうか心配…
 
適切な治療方法のない「正常眼圧緑内障」
 
漢方薬で改善が見られている方も多いです。
 
「正常眼圧緑内障を漢方薬で改善しましょう。」
 

 

正常眼圧緑内障とは

眼圧は正常(10~21mmHg)でも、「視神経乳頭(ししんけいにゅうとう)」の異常と「視神経線維」の数が減ってくる状態です。
 
40歳頃より発症の可能性がある病気になり、40歳以上の日本人の20人に1人が緑内障と言われています。
 
緑内障全体の70%以上「正常眼圧緑内障」と言われるほど近年増えてきている病気です。
 

正常眼圧緑内障の原因

原因は不明と言われています。
 
基本的に「視神経乳頭(ししんけいにゅうとう)」の異常がおこるのは眼圧の上昇と言われていますが、「正常眼圧緑内障」の場合は眼圧が正常で異常がおきている状態です。
 
太陽堂が考える原因としては
 
・眼房水の流れの悪さ
・ストレス
・食生活の変化
・パソコンなど目を酷使する事が増えた事
 
などが考えられます。

正常眼圧緑内障の症状

初期の状態ではほとんどの方が無症状で暮らしています。
 
緩やかに進行していく為、見え方がおかしいと感じて受診したときにはかなり進行している場合が多いです。
 
緑内障が進行していくと
 
視野の一部が欠けて見えにくくなる
失明
 
などに繋がります。
 

正常眼圧緑内障の漢方薬

原因の所でもあげましたが、
 
・眼房水の流れの悪さ
・ストレス
 
などが原因と考えられます。
 
その為「水の流れを良くする漢方薬」を使う事が多いです。
 
その他にも東洋学的に言う「気の滞り」「目に熱がこもっている」場合もあるので、「目の熱を取る漢方薬」「発散作用のある漢方薬」を併用する事もあります。
 
また正常値内におさまっているが「眼圧が高めの方」「ストレス」により眼圧が上がっている可能性もある為、その場合は「自律神経を整える漢方薬」を使いストレスを発散しやすい身体に。
 

正常眼圧緑内障の症例

症例(昭和55年生 女性)

目が見えずらくなってきた為病院に行った所「正常眼圧緑内障」と診断。
これ以上視野が狭くならない様にとご相談に来られました。
 
右眼のみが「正常眼圧緑内障」となり視野の欠損がおこってきているとの事。
眼圧はどちらも少し高めで「右16、左17」との事でした。
 
漢方薬の種類としては、
 
①水を巡らせる漢方薬
②目の熱を取る漢方薬
③発散作用のある漢方薬
④自律神経を整える煎じ薬
 
の4種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヵ月、飲み始めた次の日から調子が良く、ぐっすり眠れた感じがしているとの事。
また目の関しても眼痛が改善され調子良くなっているとの事でした。

漢方服用開始から3ヵ月、先日病院に行って検査をした所「右15 左14」と眼圧が改善していたとの事。
眼圧の改善が見られ安心いたしました。
 
漢方服用開始から8ヵ月、眼圧も安定して調子が良いのでご本人の希望により今回で治療終了とさせて頂きました。
 
体質改善までしっかり漢方薬を飲んで頂きたかったですが、順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続き悪くなる事なく過ごせると何よりですね。