視野狭窄を漢方薬にて止める事は可能です。

緑内障で一番怖いのは視野狭窄です。
一度失われた視野は戻る事はありません。

「眼圧を下げる点眼薬を使用しているけど点眼剤が増えるばかりで…」
「眼圧は、正常なのに眼圧を下げるお薬でいいのだろうか…」

と思っている方は多いのではないでしょうか。

正常眼圧緑内障とは

眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる方の事をいいます。
かつてはお年寄りの病気と考えられていましたが、近年では40歳頃より発症の可能性があることがわかってきました。
40歳以上の日本人における緑内障有病率は5%で、20人に1人の割合で緑内障の患者さんがいます。
その中でも緑内障全体の70%以上が正常眼圧緑内障と言われています。

緑内障になると何が怖いの?

緑内障は、進行していくと視野の一部が欠けて見えにくくなる目の病気です。
放置しておくと、見えにくい部分が増えていき失明の可能性が出てきます。
冒頭でもお話ししましたが、緑内障になり狭まった視野が元に戻ることはありません。

特に正常眼圧緑内障は進行がゆるやかで、よほど悪化しないと自覚症状もほとんどないです。
なので自分ではなかなか気付きにくく、見え方がおかしいと感じて受診したときにはかなり進行している場合が多いと言われています。

正常緑内障の原因

一般的な原因としては、房水の分泌と排出のバランスが崩れて眼圧が高くなり、網膜に広がっている視神経の視神経乳頭という部分を圧迫して視神経が障害されてしてしまうことで緑内障になると言われています。
しかし正常眼圧緑内障の場合は眼圧が正常な為、視神経が何らかの原因で障害が起こり緑内障になってしまっている状態です。

現在まだはっきりとした原因は掴めていません。

正常緑内障の漢方薬

眼房水を上手く流してあげる必要があり、水の流れを良くする漢方薬を使っていきます。
利水効果の高い野ブドウの製剤を中心に雲竜仙(ウコン製剤)、竜仙(発表剤)と言った他では扱うことの少ない漢方薬を使っていきます。

使ってみて非常に効果が高く改善されている方が多い漢方薬です。

正常眼圧緑内障の症例

症例①(昭和55年生 女性)

視野の欠損がおこり病院に行った所、正常眼圧緑内障と診断。
右眼のみが正常眼圧緑内障と言われたが、眼圧はどちらも高め(右16、左17)と言われたそうです。
これ以上視野欠損が起こらない様にとご相談に来られました。

出させて頂きました漢方薬は、

①正常眼圧緑内障の漢方薬 野ブドウの製剤と雲竜仙(ウコン製剤)、竜仙(発表剤)

眼圧も少し高めなのに加え、肩こりや頭痛も酷いという事で、

②ストレスを軽減される作用のある煎じ薬を1種類

の合計3種類を出させて頂きました。

漢方治療開始から1ヵ月、飲み始めた次の日から調子が良く、ぐっすり眠れた感じと肩こりの軽減があったそうです。
眼に関しても眼痛が改善され漢方の効果をすぐに実感できたとおっしゃっていました。

漢方治療開始から3ヵ月、先日病院に行って検査をした所、(右15 左14)と左は大幅に眼圧が減少していました。
元々正常範囲内ですが、眼圧が低い方が眼の負担は少ないです。

まだ漢方を飲み始めてから3ヶ月ですが、調子も良く眼圧も下がっていました。
この調子でいけば視野狭窄も進むことなく改善が見られると思います。
引き続き根治に向け治療中です。

症例②(昭和37年生、男性)

眼科に行った所、眼圧は正常だが視野検診にて見えないエリアがあると言われ正常眼圧緑内障と診断。
眼科での点眼薬は充血が酷くなり副作用が出てしまうとの事でこちらに相談に来られました。

野ブドウ製剤野ブドウの効果を眼に届きやすくする粉薬の2種類を出させて頂きました。

漢方治療開始から1ヵ月後、何かわからないけど効いている感じがあるとの事でした。

漢方治療開始から3ヵ月後、チカチカやコンタクトレンズをつけた時のゴロゴロがまだとれていないとの事。

漢方治療開始から10ヵ月後、チカチカやゴロゴロがほぼ感じなくなっているとの事でした。

その後他の治療をご希望とされたた為服用を中止しましたが、早期での自覚症状の改善が見られた患者さんでした。