高眼圧症・眼圧上昇型緑内障について

高眼圧症とは。

眼圧が正常範囲(10~21mmHg)を越えているか上限ギリギリの方で、緑内障にはなっていないが眼圧が高くなってしまっている方です。
慢性的に高眼圧の状態が続く事で眼圧上昇型緑内障に移行してしまうと言われています。

眼圧上昇型緑内障とは。

眼圧上昇型緑内障は、慢性的に高眼圧が続いてしまった事で視野狭窄がおこってしまった方になります。
高眼圧症と同じように眼圧が正常範囲(10~21mmHg)を越えているか上限ギリギリの状態です。
緑内障は、進行していくと視野の一部が欠けて見えにくくなる目の病気で、放置しておくと見えにくい部分が増えていき失明の可能性があります。

高眼圧症・眼圧上昇型緑内障の原因

一般的な原因としては、房水の分泌と排出のバランスが崩れて眼圧が高くなり、網膜に広がっている視神経の視神経乳頭という部分を圧迫して視神経が障害されてしてしまうことで緑内障になると言われています。

房水の分泌と排出のバランスが崩れる原因としては、近年使う事が多くなってきているパソコンコンタクトレンズの着用が問題とされています。

高眼圧・眼圧上昇型緑内障の漢方薬

太陽堂では、「眼圧の上昇=自律神経の乱れ(ストレス)」と考えて治療をさせて頂きます。
血圧が上がる時も一般的にストレスが一番の原因と言われていますが、高眼圧症・眼圧上昇型緑内障も同様です。
患者様と見させて頂いた上で房水の分泌と排出のバランスが崩れている方は、正常眼圧緑内障に多いのかなと思います。

使っていく漢方薬としては、ストレスを除く漢方自律神経を整える漢方を中心に眼の緊張を解す作用のある漢方も平行して出させて頂きます。

出す事の多い漢方薬

・四逆散
・抑肝散
・釣藤散

紹介している漢方薬は、一部になりその方々に合わせて漢方薬をお作り致します。

眼圧上昇型緑内障の症例

症例①(昭和39年生、女性)

眼圧が17~20と正常値範囲内だが、眼圧が上昇してしまっているという事で相談に来られました。
1年前に緑内障と診断され右目の視野が少し狭くなっているとの事。
同時にドライアイも気になるとの事で並行して治療をさせて頂く事になりました。

緑内障(右眼)の漢方薬とドライアイに対しての漢方薬の2種類で治療を開始しました。

漢方治療開始から1ヵ月後、眼圧が13まで下がったとの事。ドライアイも少しだが改善を見せていました。

漢方治療開始から6ヵ月後、病院に行くと緊張することもあり眼圧は、16程になってしまっていたがここより上がる事はなく視野狭窄も進んでいませんでした。

漢方治療開始から10ヵ月後、前の月に血圧も下げる漢方薬を追加した事もあり、眼圧が14まで低下。ドライアイもほぼなくなってきたとの事でした。

漢方を飲み始めてから10ヶ月ですが、順調な改善を見せていると思います。
やはりメインで使った漢方薬は、自律神経(ストレス)の漢方薬。ストレスからの過緊張からきているものと思われます。
 

症例②(昭和34年生、女性)

1年半位前に病院に行った所、高眼圧と診断。
点眼薬で改善が見られない為、こちらに相談に来られました。
 
眼圧の数値としては「20」(正常範囲(10~21mmHg))になり、正常範囲内ではあるとの事でした。
 
眼圧と並行して「耳の詰まり」「頭の圧迫感」などの症状も出ているとの事。

漢方薬の種類としては、
 
①眼の水の流れを良くする漢方薬
②ストレスを軽減する漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、眼圧が20→18になっていたとの事。
それと並行して眠りの質も上がってきたとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、眼圧が下がったのでご本人様の希望もあり一時期漢方を休止した所、眼圧が左18,右20まで上がってしまいました。
頭重感や圧迫感もまた出てしまったとの事で再度服用を続けて頂く事に。

、眼の動かしずらさが減ってきているとの事。
引き続き眠りの質も良く、ぐっすり眠れているとの事でした。
 
、調子が良いとの事でご本人の希望により治療終了。

自律神経の調節、眼の水の流れ共に改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声 高眼圧症・眼圧上昇型緑内障