後鼻漏の症例

症例①(昭和22年生 女性)

鼻炎・鼻水・後鼻漏により咳が出ているとの事でご相談に来られました。
 
症状としては透明の鼻水が出てしまい、その鼻水が喉をつたって咳が出てしまうとの事。
 
漢方の種類としては
 
①アレルギーを抑える漢方薬
②水の流れを整える漢方薬
 
の2種類を併用して出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、鼻水の量も少なくなり咳も少なくなっているとの事。
少しずつ良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、鼻水も咳もほとんど出ていないとの事。
調子も良いので漢方薬の分量を1日1回まで落としました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、漢方薬が1日1回でも症状が出ていないとの事。
調子が良いので一度治療終了となりました。
 
早期に改善が見られ安心いたしました。
順調に改善が見られた為、この調子で再発する事なく過ごせると何よりですね。

症例②(昭和25年生 女性)

 
3年ほど前に病院に行った所、肺の影より気管支に痰が詰まっていると指摘されたとの事でご相談に来られました。
 
症状としては、痰の詰まり後鼻漏が気になるとの事。
寝ている時に鼻から喉に降りている感覚があるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては鼻の治療膿を取る事を優先と考え、
 
①膿を取る煎じ薬を2種類
③アレルギーを止める粉薬を1種類
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、寝ている時に少しおりてくる事はあるが、ほとんど気にならないくらいまで改善しているとの事。
調子は良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、元々は匂いがわかりずらかったが、今は匂いも感じるようになったとの事。
花粉の時期になっても鼻水・鼻詰まりともに出ていないとおっしゃっていました。
 
花粉の時期になり心配していたのですが、順調に改善が見られているようで安心いたしました。
匂いがわかりずらいのも辛かったと思います…
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。
今も改善に向け漢方薬服用中です。

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声 鼻疾患(鼻炎・花粉症・蓄膿症)