加齢黄斑変性症は漢方薬で改善が可能です。

 
字が歪んで見えるようになってきた…
  
視野の中心に点が見えている…
 
視野が欠けてきているので失明が心配…
 
「加齢黄斑変性症」は近年悩まれている方が多くなってきている病気になります。
 
「加齢黄斑変性症を漢方薬で改善しましょう。」
 

 

加齢黄斑変性症とは

物を見る時に重要な働きをする「黄斑」が加齢とともに異常をおこし、視力の低下を引き起こす病気です。(「黄斑」には色や形を識別する視細胞がたくさん集まっています。)
 
日本ではあまり多くなかったですが、近年徐々に増えてきている病気になります。(現在日本での失明原因の第4位です。)
 
年齢が上がるほど患者数が増える傾向にあり、50歳以上の約1%が発病していると言われています。
 
また性差では男性の方が発病しやすく、女性の約3倍の数が男性という病気です。
 

加齢黄斑変性症の種類

大きく分けると「滲出型(ウェットタイプ)」「萎縮型(ドライタイプ)」の2つに分かれます。
 
日本人では「滲出型(ウェットタイプ)」が多いです。
 
〇滲出型(ウェットタイプ)の加齢黄斑変性症
別名「新生血管型」とも言われ、眼球壁を構成する脈絡膜に異常な「脈絡膜新生血管」が出来ます。(新生血管は正常な血管よりも血管が破れたり血液成分が漏れ出たりする事が多い血管です。)
 
新生血管が出来ると網膜に異常が出る事で「網膜」が正常に機能しなくなってしまいます。
 
進行が速い病気で、急激な視力低下や中心暗点などから進行すると失明してしまう事もある病気です。
 
〇非滲出型(ドライタイプ)の加齢黄斑変性
加齢によりおこる「黄斑変性症」です。
 
加齢に伴い老廃物が蓄積して、網膜色素上皮組織が萎縮し「網膜」が傷害されます。
 
進行は滲出型に比べて遅いですが、萎縮型から滲出型へ変化することもあるので注意が必要です。
 
日本人には少なく欧米人に多いタイプの「黄斑変性症」になります。
 

加齢黄斑変性症の原因

元々は日本人には少ない疾患でしたが「欧米食化」「光刺激」(テレビやパソコン、携帯など)により近年多くなっているとも言われています。
 
その他の原因としては、
 
・喫煙
・加齢
 
などです。
 
特にタバコに含まれる「ニコチン」には新生血管を増やす作用があり、喫煙者の方が「黄斑変性症」になる事が多くなっています。
 

加齢黄斑変性症の症状

主な症状としては、
 
・物が歪んで見える。(変視症)
・見たいものがはっきり見えない。(視力低下)
・中心が欠けている。(中心暗点)
 
などになります。
 
網膜の中心部が悪くなりますが、出血などにより中心部以外も見えにくくなる事が多いです。
 

加齢黄斑変性症の漢方薬

加齢黄斑変性症の種類の所でも説明しましたが、血管が破れたり、血液成分が漏れ出てしまう事でおこるのが「加齢黄斑変性症」になります。
 
症状や病状の改善を目指す為に、血管の修復や血液が漏れ出ないようにしていく事が重要です。
 
その為「血管の炎症を改善する漢方薬」「充血を改善する漢方薬」を使います。
 
また新生血管がこれ以上多くならないようにしていく事も重要なので「新生血管の進行を防ぐ漢方薬」を併用する事も。
 
病態の進行具合によって漢方薬を考えていく事が重要です。
 

加齢黄斑変性症の症例

症例(昭和42年生 男性)

目が見えずらくなってきた為、病院に行った所「加齢黄斑変性症」と診断。
症状が気になるようになってきた為ご相談に来られました。
 
症状としては左眼がぼやけるようになり目のかすみゆがみが気になるようになってきたとの事。
ゆがみにより字が上手く見えなくなっているとの事でした。
 
漢方薬の種類としては、
 
①血管の炎症を改善する漢方薬
②新生血管の進行を防ぐ漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヵ月、視力が改善してきているとの事。
ぼやけも少なくなっているとの事でした。
 
漢方服用開始から7ヵ月、視力は左右差がないくらいまで改善しているとの事。
ゆがみはまだ残ってしまっているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年1ヵ月、視力は元に戻り見え方も良くなっているとの事。
ゆがみもなくなったとの事で治療終了とさせて頂きました。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続き調子が悪くなることなくこの調子で過ごせると何よりですね。