網膜色素変性症は漢方薬で改善が可能です。

 
視野が狭くなってきている…
  
視力が落ちてきている…
 
見えにくくなっている…
 
「網膜色素変性症」は難病にも指定されている病気になります。
 
「網膜色素変性症を漢方薬で改善しましょう。」
 

 

網膜色素変性症の漢方薬

「網膜の老化」によって症状が出ているのが「網膜色素変性症」です。
 
東洋学的な考えとしては「老化=腎虚」として捉えていきます。
 
その為漢方薬の種類としては「腎虚を改善する漢方薬」を中心で出していく事が多いです。
 
また細胞の働きが低下していく為、「細胞を活性化する漢方薬」を併用して使います。
 
細胞の老化や細胞の働きをどのように改善していくかが重要です。
 
(下に症例を載せていますので、ご参考にされて下さい。)

網膜色素変性症とは

網膜(目の中の光を感じる細胞)に異常がみられる病気で「緑内障」「糖尿病性網膜症」に次いで現在日本での失明原因の第3位です。
 
難病指定にもされている病気で、日本国内では4000〜8000人に1人がこの病気で苦しんでいると言われています。
 
「網膜色素変性症」の方の約半数の原因としては「遺伝子異常」です。
 
ただ親が「網膜色素変性症」だからといって、その子どもが必ず発病するわけでもありません。
 

網膜色素変性症の症状

主な症状としては、
 
・暗いところでものが見えにくい。(夜盲)
・見たいものがはっきり見えない。(視力低下)
・視野が狭まる。(視野狭窄)
 
などになります。
 
網膜の中の光を感じる細胞としては、
 
「錐体(すいたい)細胞」…視力や色覚
「杆体(かんたい)細胞」…視野や暗い中で光を感じる働き
 
の2つです。
 
この2つの細胞が年齢よりも早く老化し機能しなくなってしまうため、視細胞が働かなくなった部分は光を感じとれなくなります。
 
特に視野や暗い中で光を感じる「杆体(かんたい)細胞」から障害が出る為、症状としては「夜盲」からおこる事が多いです。

網膜色素変性症の症例

症例(治療開始時 39歳 女性)

目の不調を感じ、病院に行った所「網膜色素変性症」と診断。
少しずつ視力が低下してきている為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては左眼がぼやけるようになり夜盲(視野の暗さ)視野狭窄が気になるようになってきたとの事。
視界が暗いので歩くのが怖いとの事でした。
 
漢方薬の種類としては、
 
①腎虚を改善する漢方薬
②細胞を活性化する漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年、視野が少し明るくなり恐怖感は少なくなっているとの事。
少しずつ改善が見られているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年6ヵ月、視力が少し改善しているとの事。
地下街を歩いても恐怖なく歩けるようになっているとの事でした。
 
漢方服用開始から2年6ヵ月、視力・視野ともに悪化は見られなかったとの事。
病気は進行していないと病院でも言われたそうです。
 
漢方服用開始から4年、色素沈着の黒い部分が薄くグレーになり、網膜も厚くなっていたとの事。
視野狭窄も少し改善が見られ、0.3だった視力が0.67まで改善していたとの事でした。
 
時間はかかりましたが難病指定もされ非常に難しい病気になる為、改善が見られホッとしています。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。