黄斑前膜は漢方薬で改善が可能です。

 
視界がゆがむようになってきた…
  
視力が低下してきた…
 
視野が欠けてきている…
 
「黄斑前膜」は改善が可能な病気になります。
 
「黄斑前膜を漢方薬で改善しましょう。」
 

 

黄斑前膜とは

物を見る時に重要な働きをする「黄斑」の前に膜を作る病気です。(「黄斑」には色や形を識別する視細胞がたくさん集まっています。)
 
年齢的には60歳以上で、女性の方が多くなっています。
 
ただ若くてもかかる方はいる為、加齢の方だけがかかる病気というわけではありません。
 

黄斑前膜の原因

一番の原因としては「加齢」です。
 
加齢が進むと「後部硝子体(しょうしたい)剥離」という「硝子体」の異常がおこってきます。(眼球の奥の方で硝子体が網膜から剥がれた状態が「後部硝子体剥離」です。)
 
「後部硝子体剥離」が起こる過程で「黄斑部」に硝子体皮質が残り、膜が形成され黄斑に孔(あな)が開く事で症状が起こります。
 
その他の原因としては、
 
・網膜剥離
・網膜裂孔
 
など網膜に異常が出る事により「黄斑前膜」になる事が多いです。
 

黄斑前膜の症状

初期段階では自覚症状は少ないですが進行してくると、
  
物が歪んで見える。(変視症)
見たいものがはっきり見えない。(視力低下)
視野が欠けている(視野欠損)
 
などがおこります。
 

黄斑前膜の漢方薬

「黄斑」に障害が出る疾患として「黄斑変性症」「黄斑前膜」「黄斑浮腫」など様々な疾患がありますが、それぞれ要因が異なってきます。
 
「黄斑前膜」の場合は「目の老化」としてとらえる事が多いです。
 
東洋学的な考えとしては「老化=腎虚」になります。
 
その為漢方薬の種類としては「腎虚を改善する漢方薬」を中心で出していく事が多いです。
 
また「黄斑」「炎症」がおきてる場合も多い為、その時は「炎症を取る漢方薬」を使います。