昭和19年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、過活動膀胱炎・尿漏れ・夜間頻尿の方になります。
 
1年ほど前から過活動膀胱炎による尿漏れに悩みご相談に来られました。
 
症状としては水の流れる音を聞くと尿意を我慢できずに漏れてしまうとの事。
夜寝ている時はトイレに起きる事が多い為、寝不足になってしまうとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としてはストレスからくるものと感じた為、
 
①尿の調節をする煎じ薬
②血流を良くする煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、夜間頻尿の回数が減り寝不足が改善したとの事。
トイレに起きる事が少なくなった為、楽になっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、夜間頻尿の回数は少なく引き続き調子が良いとの事。
眠りも深くなり起きる回数も減っているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、トイレの回数・眠りの調子ともに順調に改善しているとの事。
順調に改善が見られているので、ご本人の希望により治療終了とさせて頂きました。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
本来であればもう少し体質改善まで治療をしたかったのですが、引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。