昭和25年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
2年ほど前に咳が気になり病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
2年間病院の治療を試したが、咳の改善が見られない為、ご相談に来られました。
 
咳と痰としては、午前中はすっきりしているとの事。
午後から夕方にかけて酷くなり1度出始めると止まらなくなるとおっしゃっていました。
CRP(炎症反応)も高く、1.32まで上がっているとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺を潤す煎じ薬
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、大分症状の改善も見られ、良くなっているとの事。
1日1回長引く咳は出てしまうけどその1回ですんでいるとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、風邪を引いてしまい心配な時期がありましたが、今は咳や痰ともに全くでないとの事。
調子が良い状態が続いているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、咳や痰も出る事なく過ごせているとの事。
先日病院に行った所、影もほとんど消えていると言われたそうです。
 
漢方服用開始から1年、体調も良いので「菌を除去する漢方薬・免疫を上げる漢方薬・肺を潤す煎じ薬」全部の分量を半分まで落としましたが、咳や痰が出る事なく過ごせているとの事。
調子も良いとの事でした。
 
順調に改善が見られている様で安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。