昭和22年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」・「気管支拡張症」の方になります。
 
2~3年前に病院で「非結核性抗酸菌症」・「気管支拡張症」と診断。
3ヶ月ほど前に喀血して入院、そこから症状が酷くなった為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては「咳」「痰」「血痰」「喉のイガイガ」「息切れ」が気になるとの事。
痰の色としては黄色~緑色、時には赤茶色になってしまうとおっしゃっていました。(炎症反応となるCRP=1.27という高値になります。)
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③炎症を取る煎じ薬
④膿を取る煎じ薬
 
の4種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、痰はほとんど出なくなり出血もしていないとの事。
喉のイガイガも改善したが息切れはまだ残っているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、咳・痰共に順調に改善しているとの事。
血痰も出る事なく炎症反応となるCRPが0.24まで改善していました。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
咳や痰などの症状、炎症反応共に引き続き改善が見られると良いですね。