昭和23年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
4年ほど前に病院の気管支鏡検査で「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」と診断。
症状が気になるようになってきた為こちらにご相談に来られました。
 
症状としては倦怠感が気になるとの事。
咳や痰はお昼過ぎから夕方・夜中に多く、痰の色は「薄黄色~透明」とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、黄緑色っぽい痰が絡む咳はあるが、最近色が薄くなってきたとの事。
倦怠感も取れていて、昼食後に横になる回数も減っているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、咳や痰はまだ出てしまうが、体調自体は悪くないとの事。
体力もつき、1日元気に過ごせるようになってきたとの事でした。
 
漢方服用開始から9ヶ月、咳・痰ともに改善していて体調も良いとの事。
調子が良い日が増えているとの事でした。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。