昭和39年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
2年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
咳が出る、身体が疲れやすいなどの症状がありご相談に来られました。
 
咳の症状はあるが、一番酷いのが身体の疲れとの事。
 
体重も減少していて、食欲も減ってきているとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①免疫を上げる漢方薬
②菌を除去する漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、咳もなくなり、身体の疲れも取れているとの事。
調子は大分良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、疲れた時期に少し咳が出た時があったがすぐに治まったとの事。
寒さが出てきても順調に過ごしているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から10ヶ月、体調良く過ごせていたとの事で「菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬」を1日1回に、代わりに「血流の漢方薬」を出させて頂きました。
 
一度血痰が出てしまったみたいですが体調良く過ごせているようで安心いたしました。
引き続き血痰が出る事なく今の調子のまま過ごせると何よりですね。