昭和26年生 男性
 
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。

3年ほど前に血痰が出た為、病院に行ったが何も見つからず経過観察。
4ヶ月前に喀血した為、再度病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断されたそうです。
 
現在の症状としては、朝方の軽い咳と黄色の痰・たまに血痰も続いているとの事でご相談に来られました。

漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③肺を潤す煎じ薬(咳や痰の煎じ薬)

の3種類の漢方薬を出させて頂きました。

漢方治療開始から2ヶ月、咳は止まり・朝方に少量の痰が出るだけまで症状が落ち着いてきたそうです。

漢方を飲み始めてから2ヶ月ですが、症状が落ち着いてきているようなので何よりですね。
この状態を維持しながら冬を越せたらと思います。