昭和16年生 女性(当時50歳代後半)
 
こんにちは。
今日の患者さんのご紹介は「アレルギー性蕁麻疹(じんましん)」の方になります。
 
3~4年前より蕁麻疹(じんましん)が出始めたとの事。
症状が酷くなってきたのでこちらに相談に来られました。
 
症状としては「全身に発赤と強い痒みが出る」との事。
ラーメンやチャーハンなど普段の食事でも「蕁麻疹(じんましん)」が出るようになったとおっしゃっていました。

食べ物によって「蕁麻疹(じんましん)」が出ている為「アレルギー性蕁麻疹(じんましん)」と考えられ
 
漢方薬の種類としては、
 
①炎症を取る漢方薬
②肝臓の働きを良くする漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、まだ「蕁麻疹(じんましん)」は出ているが回数は減っているとの事。
少しずつ変化が見られているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、大分改善が見られてきた為、漢方薬の分量を2/3まで落としました。
体調は悪くないとの事でした。
 
漢方服用開始から9ヶ月、月に2~3回発赤が出るが「蕁麻疹(じんましん)」はほとんど出なくなったとの事。
順調に改善しているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年2ヶ月、「蕁麻疹(じんましん)」が出なくなった為、治療終了。
 
順調に改善が見られホッとしています。
引き続き再発する事なく過ごせると何よりですね。