2020 12/25 掌蹠膿疱症[6ヶ月]

昭和39年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「掌蹠膿疱症」の方になります。
 
3年ほど前から手足の症状が気になり病院に行った所、「掌蹠膿疱症」と診断。
ここ最近症状が酷くなっているので、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては手足のぶつぶつ皮膚がむけるなどの症状が気になるとの事。
その他にも「左胸鎖骨の腫れや痛み」が気になるとの事でした。
 
漢方の種類としては、
 
①水の流れを良くする漢方薬
②身体の熱を取る漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、手足のぶつぶつが小さくなってきているとの事。
少しずつ改善が見られているとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、足に関してはまだ剥けてしまうが、手に関しては大分良くなっているとの事。
痛みもなく元気に過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から6ヶ月、手足のむけはまだちょっとあるが、治まってきているとの事。
首の腫れや痛みはなくなってきているとの事でした。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。