昭和22年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「高眼圧症」の方になります。
 
1年ほど前に眼科に行った所、高眼圧を指摘されこちらにご相談に来られました。
 
自覚症状はないが眼圧が高く両目とも22~24位の間になっているとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては「ストレスを除く漢方薬」を1種類出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、左眼の眼圧が20、右眼の眼圧が22(正常範囲(10~21mmHg))になったとの事。
左眼の眼圧が少し下がったとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、右眼の眼圧が20(正常範囲(10~21mmHg))まで落ちたとの事。
大きな変わりもなく視野狭窄も進んでいないとの事。
 
漢方服用開始から8ヶ月、右眼の眼圧が19(正常範囲(10~21mmHg))との事。
いつもと違う検査をしてみたものの視野狭窄もなく状態は良いと言われたそうです。
 
漢方服用開始から11ヶ月、両眼の眼圧共18(正常範囲(10~21mmHg))まで下がっていたとの事。
順調に改善が見られているので、漢方薬の分量を半分まで落とさせて頂きました。
 
漢方服用開始から1年6ヶ月、両眼の眼圧共19(正常範囲(10~21mmHg))になっていたとの事。
少し上がってしまったが、漢方薬の分量が半分で良い状態はキープできているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年9ヶ月、両眼の眼圧共16(正常範囲(10~21mmHg))になっていたとの事。
今までで一番良い状態の眼圧まできたので、今回漢方薬を出して治療終了とさせて頂きました。
 
順調に眼圧が落ちて調子の改善が見られホッとしています。
引き続きこの調子で眼圧が上がる事なく過ごせると何よりですね。