平成14年生 男性(服用開始時 16歳)
 
こんにちは。
今日の患者さんは「チック症」・「音声チック」・「トゥレット症」の方になります。
 
10年以上前に病院にてチック症と診断。
「チック症状」が気になるとの事でこちらにご相談に来られました。
 
特にストレスがかかる時にチック症状が酷くなり、「発声」「動作」が気になるとの事。
動作としては音声が出る時に上半身が動いてしまうとの事でした。
 
漢方の種類としては、
 
①筋肉の緊張をほぐす漢方薬
②解毒能力を高める漢方薬
 
の2種類を併用して出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、家でゆっくりした時はまだ症状が出てしまうが、外での症状は少なくなっているとの事。
周りからも少なくなったねと言われたそうです。
 
漢方服用開始から2ヶ月、家ではまだ出てしまうものの、外では最初の半分以下まで改善しているとの事。
大分改善が見られてきているとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、学校でチック症状も出ずに調子が良いとの事。
家ではまだ出る時があるとの事でした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、まだ出ることはあるが、全体的に大分落ち着いてきているとの事。
調子の改善が見られてきているとの事でした。
 
順調に改善が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られると何よりですね。