2021 10/26 チック・トゥレット症[10ヶ月]

平成23年生 男性 (服用開始時 9才)
 
こんにちは。
今日の患者さんは「チック・トゥレット症」の方になります。
 
2年前から症状が出てきたので病院に行った所「チック・トゥレット症」と診断。
しばらく様子を見たら治ると病院で言われたが改善が見られなかったので、太陽堂にご相談に来られました。
 
症状は「クンクンと犬の鳴き声のような」音声チックや「前後の首振り」「手をグーパーにずっと動かす」「顔をしかめる」などが気になるのこと。
急に大声を出したりもするとのことでした。
 
漢方の種類は、
 
①筋肉の緊張をほぐす漢方薬
②自律神経を整える漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、音声チックが減ってきているとのこと。

漢方服用開始から3ヶ月、顔をしかめたり手の動きが落ち着いてきているとのこと。
本人も動いていないと分かるとのことでした。

漢方服用開始から6ヶ月、首振りも減ってきているとのこと。
全体的に調子は良さそうとのことでした。

漢方服用開始から10ヶ月、本人が症状が出ていないのを一番実感しているとのことでした。

改善の兆しが見られているようで安心いたしました。
この調子で症状が治まっていくとなによりですね。

※症状や効果効能は個人差があります。同等の効果を保証するものではないので、ご了承ください。