蕁麻疹(じんましん)とは

突然に発生し、非常に痒みのつよい皮膚病です。
ほとんどの蕁麻疹(じんましん)は数分から数時間で消えますが、再発を繰り返すこともあります。
医学的には1カ月以内に治まる蕁麻疹(じんましん)を急性蕁麻疹(じんましん)。
1カ月以上続く蕁麻疹(じんましん)を慢性蕁麻疹(じんましん)としています。

蕁麻疹(じんましん)の特徴

蕁麻疹(じんましん)には、アレルギー性のものと、非アレルギー性(機械的、温熱、寒冷、日光、心因性(ストレス性)、コリン性など)があります。

アレルギー性蕁麻疹(じんましん)

アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎と同じく、アレルギー症状の1つです。
食べ物のアレルギーはもちろん、花粉、ハウスダスト、ペットの毛、綿ぼこリ、カビ、細菌などでおこる蕁麻疹(じんましん)もアレルギー性蕁麻疹(じんましん)と言われています。

食べ物のアレルギーで蕁麻疹(じんましん)を起こしやすい食事としては

・卵、牛乳やチーズなどの乳製品
・サバ、マグロ、サンマ、エビ、カニなどの魚介類
・豚肉、牛肉、鶏肉などの肉類
・大豆、小麦、蕎麦などの穀物
・ナス科やウリ科の野菜
などが知られています。

アレルギー性蕁麻疹(じんましん)の漢方薬

食事で蕁麻疹(じんましん)が出ている場合、陸生の食べ物に反応しているのか・海生の食べ物に反応しているのかによって漢方の種類が変わってきます。
陸生の食べ物に反応している場合は肝臓にも炎症が出ている事が多くそちらの漢方薬も併用する事があります。

又、食べ物以外のアレルギーの場合はアレルギー自体を抑える漢方薬を使う事が多いです。

・葛根湯
・十味敗毒散
・小柴胡湯
・香蘇散

紹介している漢方薬は、一部になりその方々に合わせて漢方薬をお作り致します。

非アレルギー性蕁麻疹(じんましん)

非アレルギー性蕁麻疹(じんましん)は機械的、温熱、寒冷、日光、心因性(ストレス性)、コリン性などがあります。

機械的蕁麻疹(じんましん)とは

機械的蕁麻疹(じんましん)は、皮膚に刺激を受けたときに起こる蕁麻疹(じんましん)です。
時計のバンド、ベルトで押さえていたお腹、下着のゴムによる締め付けなどにより発生します。
機械的蕁麻疹(じんましん)の場合は赤く腫れるだけで、かゆみや痛みはあまり感じないことが多いです。

機械的蕁麻疹(じんましん)の漢方薬

葛根湯桂枝茯苓丸などの漢方薬で炎症を鎮めたり、アレルギーを抑える漢方薬を使っていきます。

温熱蕁麻疹(じんましん)とは

温水や温風のような温かい刺激を受けるとできる蕁麻疹(じんましん)です。
特に気温が低い所から高い所に移動して、身体が温まるたびに皮膚に発疹が出現します。
入浴後や運動後、暖房器具にあたったあとに起こりやすいのが特徴です。

温熱蕁麻疹(じんましん)の漢方薬

身体の熱を冷ます石膏剤を使う事が多いです。

葛根湯加石膏十味敗毒散加石膏など

寒冷蕁麻疹(じんましん)とは

冷たい水や風のように体温よりも低い物質に触れたり、温められた体が冷やされる事で発症します。
冷房器具にあたった後や入浴後の急激な冷え込みのように、寒冷による刺激で体温低下を引き起こし、温度差が生じることが原因で起こります。

寒冷蕁麻疹(じんましん)の漢方薬

身体を温める附子剤乾姜の入っている漢方薬を使う事が多いです。

真武湯当帰四逆加呉茱萸生姜湯など

日光蕁麻疹(じんましん)とは

太陽に直接当たった部分がかゆくなるじんましんです。
特に4~9月の強い紫外線で発生しやすく、皮膚の赤味、わずかな腫れ、かゆみを伴います。

日光蕁麻疹(じんましん)の漢方薬

日光性皮膚炎の漢方薬で改善する事が多いです。

当帰飲子牡蠣肉製剤など

コリン性蕁麻疹(じんましん)とは

発汗による刺激で発症してしまうじんましんです。
運動、入浴、精神的ストレスによる発汗で起こりやすく、皮膚の赤味、わずかな腫れ、かゆみを伴います。
汗が原因であるために夏場はかなりきつく、外出時に支障をきたす場合が多いです。

コリン性蕁麻疹(じんましん)の漢方薬

発汗の刺激に反応しにくくしていきます。

葛根湯など

心因性(ストレス性)蕁麻疹(じんましん)とは

ストレスがかかる事で痒くなる蕁麻疹(じんましん)です。
ストレスがかかっているという自覚症状があまりない方が多く、何で蕁麻疹(じんましん)が出ているかわからないという方は心因性(ストレス性)かもしれません…
近年ストレス性の蕁麻疹が多くなっている傾向があります。

心因性(ストレス性)蕁麻疹(じんましん)の漢方薬

痒みを止める牡蠣製剤と柴胡剤を組み合わせる事が多いです。

小柴胡湯加牡蠣逍遙散加牡蠣など

蕁麻疹(じんましん)の症例

症例①(昭和50年生、女性。)

心因性(ストレス性)蕁麻疹(じんましん)の方です。
何ヶ月か前から急に蕁麻疹(じんましん)が出始めてしまい酷い時には、気管支が塞がり呼吸もしにくくなるとの事で相談に来られました。
元々は、食べ物は何を食べても大丈夫。蕁麻疹が出た事がなかったそうです。
特に蕁麻疹(じんましん)になったきっかけも思いつかないとの事。

蕁麻疹(じんましん)に対して、心因性(ストレス性)と判断してストレスを緩和してくれる漢方薬1種類と補助として緑製剤と牡蠣製剤の補助剤を1種類ずつ出させて頂きました。

漢方治療開始から1ヶ月、蕁麻疹(じんましん)に変わりはないが浮腫みやお通じが良くなったとの事でした。
引き続き同じお薬を続けて頂きました。

漢方治療開始から2ヶ月、大分改善を見せてほぼ蕁麻疹が出なくなっているとの事。
元々使っていたステロイドも使う事が少なくなってきているとおっしゃっていました。

漢方治療開始から6ヶ月、全く出ないという事はないがほぼ出なくなっているとの事。
ステロイドも使う事はなく、今飲んでいるのは抗アレルギー薬のみとおっしゃっていました。

症例②(昭和48年生、女性。)

アレルギー性蕁麻疹(じんましん)の方です。
食事を食べた後、蕁麻疹が出てしまうようになり困っているとの事で相談に来られました。
お話しをお聞きしていた所、陸生の食べ物(乳製品や肉類など)を食べた時に蕁麻疹(じんましん)が出ている傾向がありました。

アレルギー性蕁麻疹に対して粉薬を1種類出させて頂きました。

漢方治療開始から1ヶ月、少しずつ食べれるものが増えてきているとの事。
順調に改善が見られているようでした。

漢方治療開始から4ヶ月、ほとんどの食事に蕁麻疹(じんましん)がでなくなりました。
体質改善まで治療をしたかったのですが、他のご相談をしたいとの事で治療終了。
その後も症状は出ていないとおっしゃっていました。