アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)とは

「アスペルギルス菌」に対してアレルギーの起こった状態をアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)と言います。
 
アスペルギルス菌は「糸状真菌」で、「常在菌」の一種です。
 
「常在菌」とは多くの人の体内に共通して存在し、普段は病気を起こさない微生物になります。
 
アレルギーの反応で上がる「好酸球の増加」「血清総IgE値の上昇」がみられ、即時型皮膚反応が陽性でアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)と診断されます。
 

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)の原因

 
多くの場合、「気管支喘息」の患者さんがかかりやすい病気です。
 
「気管支喘息」の20人に1人がアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)になっています。
 
その原因としては、炎症を止める為の「ステロイド剤」にあると言われています。
 
「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)」の方は、「気管支喘息」の中でも「ステロイド依存性喘息」の方が多いです。
 
「ステロイド剤」は炎症を取る力が強いですが副作用が強く、特に吸入剤は「口腔内のカビ」の副作用がある為、真菌感染を起こしやすい薬剤になっています。
 
「気管支喘息」の方はステロイドの吸入剤を使っている事から「アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)」になりやすくなっています。
 

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)の症状

症状としては、
 
○ゼーゼーという呼吸音
○息苦しさ
○咳・痰が出る
 
などと言った喘息症状が出やすくなっています。
 
「気管支喘息」との違いは「痰の色」になり、黄色の痰が出ている事が多いです。
 
「気管支喘息」場合は透明の痰の事が多い為、色の違いは確認しておく事の1つになります。
 

疑問点となる病院の治療方法

 
病院の治療としては、
 
○アレルギーを止める為に「抗アレルギー剤」
○炎症を止める為の「ステロイド剤」
○菌を除去する「抗真菌薬」
 
などを使っていく事が多いです。
 
特に「ステロイド剤」を使う事をおススメしている病院が多いですが、前述しているように「ステロイドの吸入剤」により起こっている可能性も十分考えられます。
 
「ステロイド剤」は根本治療ではなく対処療法になってしまう為、改善していくのは中々難しいと考えられます。
 

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)の漢方薬

「アレルギーを止める漢方薬」「菌を除去する漢方薬」を中心に治療をしていきます。
 
症状に合わせての漢方薬に関しては、肺アスペルギルス症(肺真菌症)のページに詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。