侵襲性肺アスペルギルス症(IA)とは

著しく免疫力が弱っている方が「アスペルギルス菌」に感染する疾患で進行が速い「急性の肺アスペルギルス症」になります。
 
特に白血病の方や免疫抑制作用のある抗がん剤を使用している方がかかる「肺アスペルギルス症」です。
 
白血病の方や抗がん剤を使用している方は、真菌や細菌などの異物から自己を守る白血球の一種である「好中球」が減少しています。
 
そのため「アスペルギルス菌」が侵入したとしても除去できずに増殖してしまいます。
 
白血病の方や抗がん剤を使用している方は、あらかじめ予防の為に抗生物質を「予防投与」をしていますが、抗体菌(菌が強くなり抗生剤が効かなくなった状態)やカバーしきれない病原菌により感染症に罹患してしまうことがあります。
 
「侵襲性肺アスペルギルス症(IA)」は「免疫が落ちる」事でかかる病気になっています。
 

侵襲性肺アスペルギルス症(IA)の症状

症状としては、
 
○発熱
○胸痛
○咳・痰
○血痰・喀血
 
などと言った他のアスペルギルス症と同じ症状になっています。
 
1つ違うのが進行が早く、侵襲性肺アスペルギルス症(IA)にかかってから1-2週間で死に至ることも多いです。
 

病院のお薬はほとんど効き目がありません…

抗真菌薬を使いますが、有効な抗真菌薬は少ないです。
 
ボリコナゾールなどのアゾール系抗真菌薬やアムホテリシンBなどを使いますが、効き目が少なく進行を止めるのは難しいと言われています。
 

侵襲性肺アスペルギルス症(IA)の漢方薬

「菌を除去する漢方薬」を中心に治療をしていきますが、免疫が落ちている事も多い為、「免疫を上げる漢方薬」は必須になってきます。
 
その他の症状に合わせての漢方薬に関しては、肺アスペルギルス症(肺真菌症)のページに詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。