脱肛について

dakkou
脱肛とは、肛門や直腸の下のほうの粘膜が肛門外に脱出する病気です。肛門粘膜脱(こうもんねんまくだつ)ともいいます。

脱肛の症状

初期段階では、排便時ににいきむことで、肛門から飛び出してしまいますが、放っておいても自然に元に戻る事が多いです。

症状が悪化していくと、排便時のみならず、日常生活の中でお腹に力を入れたときにも脱肛していくようになってしまいます。
自然に戻らないため、手で押し込んだり、もっと悪化すると手で押さえても戻らず常時脱肛している状態になってしまいます。

脱肛になりやすい方

・長時間座る事が多い人

・スポーツをしている方(勢いよくいきむ事で)

・出産経験のある方(出産時にいきむ事で)

・アルコールや辛い刺激物などを好む方

脱肛の原因

脱肛には、2つの原因があり内臓下垂による脱肛内痔核からくる脱肛があります。

内臓下垂による脱肛は、加齢と共に肛門括約筋が弱まる事で、肛門の粘膜が下垂し、上に保てなくなった状態の脱肛です。
加齢以外にも、元々肛門括約筋が弱い方や出産経験がある方などはこのタイプの脱肛になりやすいです。

内痔核からくる脱肛は、内痔核が外に出て脱出している状態です。
何らかの原因で痔核になってしまい、最初は便を排出する時に便に押し出される形で脱肛を起こす事が多いです。
そのうち排便時関係なく脱肛をおこすようになります。
痔核の詳しい説明は、痔核のページをご覧下さい。

脱肛を触る事で原因を特定しましょう。

内臓下垂による脱肛は、内臓が降りてきている為触ってみると軟らかい事が多いです。
内痔核からくる脱肛は、痔核が外に出ている状況なので触ってみると硬い事が多いです。

脱肛の漢方薬

上記でもお書きしましたように内臓下垂による脱肛内痔核からくる脱肛どちらが原因かで出させて頂く漢方薬は変わってきます。
内臓下垂からくる脱肛に関しては、肛門括約筋の弱りを取る漢方薬(筋肉を付ける漢方薬)を使っていきます。
内痔核からくる脱肛に関しては、痔核の治療に加え東洋学でいう脾を補う漢方薬を使う事で治療をしていきます。

・黄耆建中湯
・補中益気湯
・桂枝茯苓丸
・乙字湯

紹介している漢方薬は、一部になりその方々に合わせて漢方薬をお作り致します。

また、漢方の服用のみではなく下垂を抑えるトレーニングも併用してお伝えし、肛門を上に押し上げてあげる事が大事です。

痔核・脱肛の症例

症例①(昭和37年生 女性)

出産後から脱肛をするようになり、最近酷くなってきた為ご相談に来られました。
 
脱肛は力んだ時だけではなく、常に脱肛をしてしまっているとの事。
押し戻さないと戻る事がなく、軟らかめの脱肛とおっしゃっていました。
 
漢方薬の種類としては、
 
①脱肛を改善する煎じ薬
②肝臓の解毒能力を高める煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、脱肛の大きさが少し小さくなってきているとの事。
改善が見えている感じはあるとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、脱肛の大きさが最初の半分くらいまで小さくなっているとの事。
完全に出ないまではいかないが良い方向に向かっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から11ヶ月、ある程度の改善がみられたので漢方薬の分量を半分にさせて頂きました。
量を半分にしても悪くなる事なく過ごせているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年2ヶ月、漢方薬の分量を1/3の量まで落としましたが脱肛の具合は変わらないとの事で今回の漢方薬で治療終了とさせて頂きました。
 
完全に脱肛しなくなる状態までは難しかったですが、漢方薬の量を減らしても半分くらいの脱肛まで改善する事が出来ました。
引き続き今の調子を維持できると何よりですね。

症例②(昭和55年生 男性)

痔やお腹の不調、脱肛を訴えている男性より相談を受けました。
15年以上前より痔が気になり、痔による不調が出ているとの事。
便通は快調で問題ないが、お腹が慢性的に不調の事があるとおっしゃっていました。

痔核・脱肛共に原因は肝臓だった為、肝臓に使う漢方薬痔核からくる痛みを止める漢方薬を併用して治療を開始しました。

漢方治療開始から3ヵ月後、痔核の部分は大分改善してきたとの事。下痢や便秘、軟便に対してもお薬を出した事で便の状態も良くなっているとの事でした。

漢方治療開始から4ヵ月後、引き続き改善が見られ脱肛の部分も改善してきているとの事でした。

漢方治療開始から9ヵ月後、身体の状態はどんどん良くなってきているとの事。脱肛も出てくる度合いが少なくなってきているとの事でした。

大分改善が見られている為、量も減量する事が出来ました。
引き続き体質改善に向けて漢方服用中です。