起立性調節障害(OD)を漢方薬で改善しましょう。

 
朝が起きられない…
 
学校も休みがちに…
 
周りからは怠けていると言われてしまう…
 
など心当たりがある方はぜひご覧になって下さい。
 
「自律神経の調節は漢方の得意分野になっています。」
 

 

起立性調節障害(OD)とは

なかなか朝起きる事が出来ないことで仮病やなまけ病と思われてしまう事もありますが、自律神経の調節が乱れる事で脳内血流や循環器系の調節がうまくいかなくなる疾患です。
 
思春期に発症する事の多い「起立性調節障害(OD)」
 
身体の様々な機能が大人へと変化していく小学校高学年~中学生の時期に多く見られます。
 

起立性調節障害(OD)の症状

主な症状としては、

◯立ちくらみ
◯めまい
◯動悸
◯息切れ
 
などになります。
 
その他の症状としては、
 
◯顔面蒼白
◯食欲のなさ
◯疲れやすい
◯頭痛
 
などです。
 

起立性調節障害(OD)の特徴

大きく二つに分けると
 
①起立時にふらつきやめまいなどにより回復に時間がかかる
 
②起立を続ける事で失神やふらつきなどが起きる
 
この2つに分かれます。
 
一般的に「起立性調節障害(OD)」と言われているのは①の起立時にふらつきやめまいなどにより回復に時間がかかる症状です。
 
症状は様々ですが「朝なかなか起きられず、午前中は調子が悪い」という事が多くなっています。
 

起立性調節障害(OD)の原因

一番の原因は「自律神経の乱れ」です。
 
自律神経の乱れにより「交感神経」「副交感神経」のバランスが崩れ、
 
○血圧の調節がうまくいかない
○脳や心臓への血液不足
 
などが引き起こされます。
 
その他にも女性の場合は生理が始まる事による「ホルモンのバランスの乱れ」「生理による血液不足」なども原因の1つです。
 

起立性調節障害(OD)の漢方薬

使っていく漢方薬は原因によって異なってきます。
 

一番多い原因は血液不足

血液不足を東洋学的に「血虚」と言います。
 
「血虚の漢方薬(血液を補う漢方薬)」で補血をしてあげる事で低血圧やめまいなどの症状も改善される事が多いです。
 
組み合わせる事が多い漢方薬として「気の巡りを良くする漢方薬」があります。
 
気の巡りが悪い事で身体を動かす事が出来ず不調を訴える方も多いです。
 
また「心機能を高める錠剤」も血虚に役立ち補血作用があります。
 

生理による血液不足の場合は

原因の部分でもお話ししていますが「初潮によるホルモンバランスの乱れ」も原因の一つになります。
 
その場合は「ホルモンバランスを整える漢方薬」を使う事で改善が見られる事が多いですよ。

起立性調節障害(OD)の症例

症例①(平成10年生、女性 相談時12歳)

ふらつきやだるさなどが気になり病院に行った所、起立性調節障害(OD)と診断。
 
学校を休むようになっているとの事で改善が見られればとこちらにご相談に来られました。
 
症状としては朝早起きができない、起きた後もふらつきだるさがある。
昼頃になると動けるようになるが立ちくらみがしているとの事。
常に頭がスッキリしない感覚があるとおっしゃっていました。
 
症状がおきるきっかけとしては初潮がおきてから更に酷くなっているとの事。
 
漢方薬の種類としては
 
「ホルモンのバランスを整える漢方薬」
 
を1種類出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、大分症状が楽になっているとの事。
立ち眩みも改善しているとおっしゃっていました。
 
その後たまに症状が出る事があるが(疲れ時など)ほとんど出なくなった為、数ヶ月後に漢方治療を終了とさせて頂きました。
 

症例②(平成17年生、女性)

3年ほど前から朝がふらつくようになり為病院に行った所、「起立性調節障害(OD)」と診断。
病院のお薬(メトリジン)で改善が見られないので、少しずつでも改善が見られればとこちらにご相談に来られました。
 
症状としては「朝起きられない」「立ち眩み」「疲れやすい」「長時間立っていられない」などの症状が気になるとの事。
やる気があっても身体がついてこないとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①気の巡りを良くする漢方薬
②血虚の漢方薬(血液を補う漢方薬)
③心機能を高める錠剤
 
の3種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、朝起こさないと起きられなかったのが自分から起きられるようになってきたとの事。
部活も出来るようになってきたと喜ばれていました。
 
調子の改善が見られ安心いたしました。
まだ完全に良くなったわけではないので、この調子で改善が見られていくと何よりですね。

 
患者さんの声に他の患者様の症例ものっています。 どうぞ参考にされて下さい。
患者さんの声:自律神経疾患(ストレス性疾患)