70代前半 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「癲癇(てんかん)」の方になります。
 
何年か前に屋根から落ち前頭部に傷害を受けたとの事。
暫くは何もなかったが、20年以上が過ぎた6年前より痙攣発作が出て「てんかん(癲癇)」と診断。
抗てんかん薬では中々改善が見られない為、こちらにご相談に来られました。
 
症状としては「痙攣発作」をどうにかしたいとの事。
 
漢方薬の種類としては、
 
①熱を鎮める漢方薬
②発作止めの漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、漢方薬を飲み始めてから発作は全く出ていないとの事。
順調に改善が見られているとの事でした。
 
漢方服用開始から9ヶ月、引き続き発作は出ていないとの事。
体調良く過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から10ヶ月、病院のお薬を休止したら発作が出てしまったとの事。
「発作止めの漢方薬」「脳の電気信号を整える漢方薬」に切り替え出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1年4ヶ月、病院のお薬なしでも発作はなく過ごせているとの事。
順調に過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、発作なく過ごせているとの事。
体調も良く元気に過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から2年5ヶ月、ここまで発作なく過ごせているので今回で治療終了とさせて頂きました。
発作もなく調子が良いとの事。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続き発作が出る事なく過ごせると何よりですね。