昭和52年生 男性(40代前半)
 
こんにちは。
今日の患者さんは「てんかん(癲癇)」の方になります。
 
22年前に睡眠中に発作がおきて、病院で検査をしたが「脳波に異常」はなし。
病院のお薬(デパケン・イーケプラ)を飲んでいたが、改善が見られない為こちらにご相談に来られました。
 
症状としては「夢遊病のような動作」で睡眠中の行動を覚えていない。
「会話中に意識を失う」などの症状になります。
 
漢方薬の種類としては、
 
①脳の電気信号を整える漢方薬
②熱を鎮める漢方薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、一度意識を失いかけたが、発作は起きることなく過ごせたとの事。
飲んでいると安心感はあるとの事でした。
 
漢方服用開始から3ヶ月、一度だけ発作がおきたが、その後は発作がおきそうな予兆もなく元気に過ごせているとの事。
安心して過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から4ヶ月、2ヶ月以上発作もなく調子良く過ごせているとの事。
くらっとしたことはあったが、順調に改善しているとの事でした。
 
順調に発作なく過ごせているようで安心いたしました。
調子も良いとの事でこの調子が長く続くと何よりですね。