昭和19年生 女性
 

漢方を飲んでから血痰も出なくなりました。

 
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。

4年ほど前に血痰が出たので心配になり病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
3ヶ月後ぐらいに大量の血痰が出たそうです。
その後暫くは調子良くお過ごしになっていたようですが、去年の3月・6月に再び血痰が出たので心配になりご相談にこられました。
 
症状としては、一番気になるのは血痰になり、いつ血痰が出るか心配になりながら過ごしているとの事。
痰や咳に関しては軽く、1日数回出る程度で治まっているとおっしゃっていました。

漢方の種類としては、

①菌を除去する漢方
②免疫を上げる漢方
③咳・痰の煎じ薬

の3種類を出させて頂きました。

漢方服用開始から1ヶ月、漢方を飲み始めてから1週間後ぐらいに血痰が出てしまったとの事。
止血剤の漢方薬を頓服で出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、前回血痰が出てからは調子良く過ごしているとの事。
舌診を確認した所、血の滞りを確認したので血の巡りを良くする漢方薬も併用させて頂きました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、比較的調子は悪くないとおっしゃって頂きました。
血の巡りを良くする漢方を飲んでいる為か、今年は足も冷える事なく過ごせているとの事。
 
漢方服用開始から1年、疲れたら咳が出る時があるが、それ以外は調子が良いとの事。
引き続き血痰は出ていないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年4ヶ月、咳が完全に止まっているとの事。血痰も出ることなく調子は良いそうです。
調子が良いので「菌を除去する漢方と免疫を上げる漢方」を1日1回に減らさせて頂きました。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、漢方薬の量を減らしても引き続き血痰もなく調子よく過ごしているとの事。
大分改善が見られている為今度は、「咳・痰の煎じ薬」を1日1回に減らさせて頂きました。

一番気にされている血痰も出る事なく過ごせているそうで安心いたしました。
引き続き咳や痰・血痰がなく過ごせると何よりですね。