昭和28年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
ご相談に来られる2週間ほど前に血痰が出た為心配になり病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
炎症反応の値となるCRPも上昇して1.3まで上がっていました。(正常値0.3mg/dl以下)

元々症状はなく、CRPの上昇と血痰が気になるとの事でご相談に来られました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③血流を良くする錠剤
 
の3種類の漢方を出させて頂きました。
 
漢方治療開始から1ヶ月、CRPの値が1.3→0.2まで減少したとの事。
炎症反応であるCRPが改善していました。
 
漢方治療開始から5ヶ月、先日病院に行った所、影が薄くなっていると病院の先生から言われたそうです。
 
漢方治療開始から10ヶ月、引き続き順調に過ごされ調子も良いそうです。
病院でも更に影が薄くなっていると言われたとの事。
 
漢方治療開始から1年1ヶ月、調子が良いとの事で「菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬」1日1回に減量しましたが、調子は変わらず良いとおっしゃって頂けました。
 
漢方治療開始から2年、症状もなく順調に改善が見られているので、今回で治療終了。
影も更に薄くなり順調に改善しているとの事でした。
 
体調良く過ごせているようで安心いたしました。
引き続きこの調子のまま過ごせると何よりですね。