昭和21年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
1年くらい前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
症状としては、咳や痰などの症状はないが疲れやすさが酷く、動くのもきついとおっしゃっていました。
 
疲れさすさの治療を優先したいという事と血流が気になるとの事で、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③疲れを取る煎じ薬(脾虚の煎じ薬)
④血流を良くする錠剤
 
の4種類を出させて頂きました。
(脾虚とは、身体の疲れになり脾虚がおこると微熱・体重減少・食欲低下・疲れなどが起こります。)
 
漢方服用開始から1ヶ月、大分疲れが取れるのも早くなりすぐに横になるというのもなくなってきたそうです。
 
漢方服用開始から5ヶ月、疲れる日ももちろんあるが前みたいな疲れはなくなってきたとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬は最初の頃の量の半分まで。
疲れを取る煎じ薬(脾虚の煎じ薬)は、大分改善が見られた為、休止しました。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、漢方薬の分量を下げても調子が変わることなく順調に過ごせているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から2年2ヶ月、体調良く元気に過ごせているとの事で今回で治療終了。
疲れもほとんどなくなっているとの事でした。
 
順調に改善が見られ安心いたしました。
引き続きこの調子で過ごせると何よりですね。