昭和33年生 女性

こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
前からレントゲンに影があったが1年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
最近になり症状も出てきている為、こちらに相談に来られました。
 
症状としては、胸のあたりのざわざわした感覚横になった時の咳とおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
③血流を良くする錠剤
 
の3種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、ざわざわした感覚は少しずつ少なくなっているとの事。
横になった時の咳はほとんどなくなったとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から11ヶ月、影も薄くなっているそうで、咳や痰も良好との事。
周りの方からも咳が少なくなったねと言われたそうです。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、引き続き調子の良い状態も続いているので菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を1日1回に減らし、肺を潤す粉薬を1日1回追加しました。
 
漢方服用開始から1年9ヶ月、咳や痰も出る事無く順調に過ごされているとの事でした。
詰まっていた痰も最近は感じる事はほとんどないとの事。
 
調子の改善が見られ安心いたしました。
もう少しで治療終了になりますので、引き続き今の調子が続くと何よりですね。