昭和6年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
2年ほど前に定期検診のレントゲンにて肺に影を確認。
CTで詳しく影を撮った所、非結核性抗酸菌症と診断されたそうです。
 
高齢の為病院のお薬は出されなかったが、症状が出てきた為こちらに相談に来られました。
 
症状としては、痰と咳になり、特に夜になると咳がコンコンと出ている状態との事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、咳は1日1回~2回程度まで減り、前に苦しんでいたような感じの咳はしないとの事。
 
漢方服用開始から8ヶ月、咳・痰ともに悪化する事なく調子が良いとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、引き続き調子良く過ごされているとの事。
咳や痰もなく元気にしているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から2年、漢方薬の分量を半量にしましたが引き続き調子が良いとおっしゃって頂けました。
咳も出る事はないとの事。
 
漢方服用開始から2年6ヶ月、寒い時期も調子が悪くなる事なく過ごせているとの事。
調子は良いとおっしゃって頂けました。

本来であればそろそろ漢方治療も終了しても良いと思いますが、細く長くやっていきたいとのご家族の希望で継続して出させて頂いている方になります。
 
良い状態が続いているので引き続き今の調子が続くと何よりですね。