昭和6年生 女性
 

コンコンと出ていた咳も早期で改善されました。

 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
2年ほど前に定期検診のレントゲンにて、肺に影が出ていた為CTを撮った所、非結核性抗酸菌症と診断。
症状としては、痰と咳になり、特に夜になると咳がコンコンと出ている状態との事でした。
 
漢方治療開始から2ヶ月、咳は1日1回~2回程度まで減り、前に苦しんでいたような感じの咳はしないとの事。
 
漢方治療開始から8ヶ月、咳・痰ともに悪化する事なく調子が良いとおっしゃっていました。
 
漢方治療開始から1年3ヶ月、引き続き調子良く過ごされているとの事。
咳や痰もなく元気にしているとおっしゃっていました。

漢方治療開始から2年、漢方薬の分量を半量にしましたが引き続き調子が良いとおっしゃって頂けました。
咳も出る事はないとの事。
 
漢方薬を服用し始めてから2年になります。
薬の量を落としても調子が悪くなる事なく過ごされているようで安心いたしました。
引き続きこの調子が続いてくれると何よりですね。