昭和42年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症の方になります。
 
1年くらい前より調子が悪く、病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)・気管支拡張症と診断。
1年間病院で治療をしたが、改善する事がないのでこちらに相談に来られました。
 
非結核性抗酸菌症・気管支拡張症どちらの治療も2年4ヶ月で治療終了になった患者さんになります。
 
詳しい経過は、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)をご覧ください。
 
症状としては、1日中出る咳と濃い黄色の痰になります。特に咳に関しては、朝方が一番酷いとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する粉薬
②免疫を上げる粉薬
③肺を潤す作用のある煎じ薬
 
の3種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2年4ヶ月、咳や痰もほとんど出ていないとの事。
調子良く過ごしている為、今回の漢方薬で気管支拡張の漢方薬も服用終了となりました。
 
非結核性抗酸菌症の漢方薬は2年ほどで、気管支拡張症の漢方薬は2年4ヶ月で治療を終了した患者さんになります。
 
最初にお越し頂いた時には、お話しの途中に咳をしていたイメージがありましたが最近では咳をする所を全く見なくなりました。
この調子で再発することなく過ごせると何よりですね。