平成1年生 男性
 
おはようございます。
今日の患者さんは「副鼻腔炎」・「上咽頭炎」・「気管支喘息」の方になります。
 
小さい頃より風邪を引きやすく、喘息・鼻炎・副鼻腔炎に悩んでいたとの事。
体質を改善したいとの事でご相談に来られました。
 
色々な症状に悩まれていましたが、一番気になる「鼻詰まり」「気管支」を先に改善したいとおっしゃっていました。
また上咽頭に痛みが出る事もあり、そこから体調も崩してしまうとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①鼻の炎症を取る煎じ薬
②気管支を強くする煎じ薬
 
の2種類を組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、鼻の詰まりは大分改善が見られたとの事。
鼻の通りが良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、鼻水が出る事はあるが「副鼻腔炎」・「上咽頭炎」は大分調子が良いとの事。
体調も良い日が増えているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、花粉の時期が重なり少し鼻が気になる時期があったが例年に比べると大分調子は良いとの事。
調子良く過ごせているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、クーラーがかかった事もあり、少し調子を落とした時期があったが漢方を飲み始める前に比べると断然調子が良いとの事。
疲れが出やすい夏時期も調子を崩す事なく過ごせているとの事でした。
 
漢方服用開始から1年、鼻の調子が気になるので「気管支の漢方薬」を休止、「鼻の炎症を取る煎じ薬」の量を増やさせて頂きました。
鼻の詰まりも取れ調子が良いとの事。
 
漢方服用開始から1年3ヶ月、花粉の時期になっても反応する事なく過ごせているとの事。
詰まり感は少しあるものの酷くなる事なく過ごせているとの事でした。
 
調子の改善が見られているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。