昭和60年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、胃のむかつき・腹部の膨満感でご相談に来られた方になります。
 
普段の生活をしている間は特に症状はないが、
 
・コーヒーを飲む
・甘いものを食べる
 
などをすると胃のむかつき・腹部の膨満感などがおきるそうです。
 
甘いものを食べた後調子が悪くなる方は、白砂糖が合っていない方や脂物の分解が得意ではない方が多いです。
 
漢方の種類としては脂の流れが悪いと考え、
 
①脂物の代謝を助けてくれる煎じ薬
②胃腸の弱りを助けてくれる煎じ薬
 
を2種類組み合わせて出させて頂きました。
 
漢方服用開始から2ヶ月、腹部のはりや胃のむかつきが気にならなくなったとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、コーヒーや甘いものを食べても気にならないとの事。
調子が悪くなる事が少なくなったとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、順調に改善が見られているのでご本人の希望により治療終了。
胃のむかつきも減り、調子よくなっているとの事でした。
 
順調に改善が見られているので安心いたしました。
引き続き調子が悪化する事なくこの調子で過ごせると何よりですね。