昭和55年生 男性
 
こんにちは。
今日の患者さんは痔ろう(肛門周囲膿瘍)の方になります。
 
1年ほど前より調子が悪く病院に行った所、痔ろう(肛門周囲膿瘍)と診断。
他の漢方薬局で漢方薬を試していたが改善しなかったとの事でご相談に来られました。
 
一番気になる症状としてはお尻に痛みがある事便の調子が安定しない事とおっしゃっていました。
今は膿は出ていないが、前に膿が出ていたので再発しないようにしたいとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②膿を抑える漢方薬(免疫を上げる漢方薬)
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、膿が出る事もなく調子が良いとの事。
痛みも出る事がほとんどなくなっているとおっしゃって頂けました。

漢方服用開始から11ヶ月、膿と痛みに関しては調子が良いが、どうしてもお尻の違和感が消えないとの事。違和感を消す為に自律神経を調節する漢方薬を出させて頂きました。

漢方服用開始から1年3ヶ月、違和感はたまにしか出る事がなくなったきたとの事。
初回来局時には、排便する度に違和感を感じていたとおっしゃっていましたので大分改善が見られてきました。

漢方服用開始から2年、漢方を飲み始めてから1度も膿が出ていないので、痔ろう(肛門周囲膿傷)の漢方薬は治療終了とさせて頂きました。
 
順調に改善が見られ、2年間で漢方を服用終了された方になります。 
養生法をお伝えして気を付けて頂くようにお伝えいたしました。