昭和30年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、胆石による背中の張りとゲップの方になります。
 
30年ほど前に胆石が見つかり、最近症状が酷くなっている為ご相談に来られました。
 
症状としては、「慢性的に出る背中の張り」「ゲップやお腹の張り」との事。
 
漢方の種類としては、
 
胆のうの炎症を取る煎じ薬
胆石・胆砂を流すお茶
 
の2種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、背中の張りはほとんどなくなり、ゲップも少なくなっているとの事。
徐々に改善している感覚はあるとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から5ヶ月、食べ過ぎた時にお腹の張りとゲップが気になる位でほとんど症状がないとの事。
大分良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から9ヶ月、一度背中が痛くなった時があったが、それ以外はほとんど症状が気にならないとの事。
今の所順調に過ごしているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年1ヶ月、たまに気持ちが悪くなる事があるが背中やお腹の痛みはほとんどないとの事。
調子が良いので「胆のうの炎症を取る煎じ薬」を半分まで減らしました。
 
漢方服用開始から1年4ヶ月、ゲップも少なく、体調良く過ごしているとの事。
量を減らしても悪くなる事なく順調との事でした。
 
漢方服用開始から1年5ヶ月、痛くなる事もなく、ゲップも少なく過ごせているとの事。
調子が良いとの事で「胆のうの炎症を取る煎じ薬」を1/3量まで減らしました。
 
ここ最近で一番調子が良いとの事で安心いたしました。
量を落としても同じ調子で過ごせると何よりですね。