昭和49年生 女性
 
おはようございます。
今日の患者さんは、気管支拡張症の方になります。
 
1年ほど前に咳や鼻水が多くなっていたので病院に行った所、気管支拡張症と診断。
他の漢方薬局で漢方薬を試したが、改善が見られなかった為こちらにご相談に来られました。
 
症状としては常に鼻水があり、あお向けに寝ると咳こみ呼吸が浅くなるのが気になるとの事でした。
 
漢方の種類としては、
 
①咳や痰の煎じ薬(水の巡りを良くする煎じ薬)
②アレルギーを抑える煎じ薬
 
の2種類を併用して出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、日中の咳や痰はほとんどなくなったとの事。
夜中の咳はまだあるが大分少なくなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から7ヶ月、一月前に風邪を引いたとの事で痰の色が黄色に。
「膿を除く漢方薬」「炎症を除く漢方薬」に切り替えた所、咳も痰もほとんど出ていないそうです。
 
漢方服用開始から9ヶ月、先日1年ぶりにCTを撮った所2つあった影が1つ完全になくなったそうです。
症状も前と比べ物にならないくらい良くなっているとおっしゃって頂けました。
 
症状の改善、影の改善が見られ安心いたしました。
影の改善が見られたという事は炎症がなくなってきた証拠だと思います。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。