昭和14年生 女性

今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。

10年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
最近になり症状が出てきた為こちらに相談に来られました。

症状としては、咳や痰に関してはほとんど出ないが疲れる事が多く、風邪をひいたら長引いてしまうとの事。
風邪では微熱が一番辛く、2~3週間程長引いてしまうとおっしゃっていました。

漢方の種類としては、

①菌を除去する粉薬
②免疫を上げる粉薬

の2種類の漢方薬にて治療を開始しました。

漢方治療開始から2ヶ月、疲れが出にくくなっているとおっしゃって頂けました。

風邪も引く事なく順調に過ごせているとの事。
やはり免疫が落ちている方は風邪を引きやすく、風邪が治りずらい事が多いです。
風邪を引かない事、風邪を早く治す事は大事になってきますね。