昭和16年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
慢性気管支炎で病院に通っていましたが、5年ほど前に病院で再検となり非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
息切れだるさ食欲不振夕方からの微熱が気になりこちらにご相談に来られました。
 
その他の症状として肺に膿が溜まっている為、肺の膿を取る処置を2週間に1回しているとの事でした。
肺に膿があるので、病院側では何ヶ月後かに手術をしようと言われているとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から1ヶ月、微熱が取れ食欲も増えてきたとの事。
だるさも徐々に抜けてきているような気がするとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、一時期調子が悪くなった為、疲れをとる煎じ薬を追加した所、大分元気になり食欲・だるさ共に順調との事。
 
漢方服用開始から5ヶ月、肺の膿に対する手術をしましょうと病院で言われたので、少しでも良くなればと1カ月半ほど膿を取る煎じ薬を出させて頂きました。(疲れをとる煎じ薬は休止させて頂きました。)
手術前の検査の時にほとんど膿がなくなり、手術なしで経過観察となったそうです。
 
漢方服用開始から8ヶ月、まだ完全に膿が出ないまではいっていないが、大分改善が見られているとの事。
大分疲れも取れ、畑仕事に出られるくらいまでに回復しているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年膿も出なくなり傷もふさがってきているとの事でした。
調子も良いので全部の漢方薬(菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬、膿を取る煎じ薬)を半分の量まで落とさせて頂きました。
 
漢方服用開始から1年4ヶ月、調子も良いとの事で「膿を取る煎じ薬」を治療終了としました。
風邪も引く事なく順調に過ごされているそうです。
 
こちらに相談に来られる前とは別人の様に元気になっているとおっしゃって頂けました。
調子も良いみたいなので、引き続きこの調子で改善が見られていくと良いですね。