昭和31年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは「非結核性抗酸菌症(肺MAC症)」の方になります。
 
1年前の病院のCTとレントゲンにて非結核性抗酸菌症と診断。
最近になり症状が出てきた為ご相談に来られました。
  
症状としては咳は出ていないが、喉に痰が絡み違和感が出てしまうとの事。(痰の色は黄色や透明)
また痰が詰まると喉が締め付けられる様な感じになってしまうとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から4ヶ月、まだ完全に良くなっていないが痰の量が減っているとの事。
こちらに来られる前の2/3量くらいまでにはなっているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から6ヶ月、朝は痰が出てしまうがそれ以外は痰が出なくなっているとおっしゃって頂けました。
詰まりがなくなり、いがらっぽさも少なくなっているとの事。
 
漢方服用開始から9ヶ月、引き続き詰まる感じは全くなくなったとの事。
痰の量は減っているが出てしまっているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年2ヶ月、痰の色も黄色は出なくなったとの事で菌を除去する漢方薬と免疫を上げる漢方薬を1日1回に。
透明の痰は出てしまうとおっしゃっていましたので代わりに「アレルギーの漢方薬」を出させて頂きました。
 
今年の冬は風邪を引く事もなく順調に過ごせたとおっしゃって頂けました。
順調に改善が見られている為、引き続き今の調子で過ごせると何よりですね。