昭和23年生 女性
 
こんにちは。 
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
5.6年ほど前に病院に行った所、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
暫くは病院のお薬を飲んで様子を見ていたが最近になり症状が悪化してきた為こちらにご相談に来られました。
 
症状としては気温差による咳喉のいがらっぽさ・他にも身体のだるさ息苦しさとおっしゃっていました。
特に気になるのは身体のだるさ・息苦しさとの事。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する粉薬
②免疫を上げる粉薬
③脾虚を改善する煎じ薬(脾虚とは身体の疲れになり、脾虚になると微熱・体重減少・食欲低下などの症状に繋がります。)
 
の3種類の漢方薬を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、身体のだるさが取れ息苦しさもなくなっているとの事。
例年の夏よりも大分過ごしやすいとおっしゃっていました。
 
毎年9月になると調子が悪くなる事が多いとの事なので夏の今の時期調子良く過ごせたのは良い事だと思います。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。