昭和27年生 女性
 
こんにちは。
今日の患者さんは、非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の方になります。
 
1年ほど前に病院でのCT検査で菌が見つかり非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断。
 
症状としては「倦怠感」「食欲不振」など身体が疲れる症状が一番気になるとの事。
「咳」「痰」はたまに出る事はあるとおっしゃっていました。
 
漢方の種類としては、
 
①菌を除去する漢方薬
②免疫を上げる漢方薬
 
の2種類を出させて頂きました。
 
漢方服用開始から3ヶ月、痰の絡みもなくなり、病院でも順調ですねと言われたそうです。
 
漢方服用開始から7ヶ月、一度咳が酷くなった時期があったがそれ以降は咳・痰共に順調との事。
引き続き調子よく過ごされているとおっしゃっていました。
 
漢方服用開始から1年2ヶ月、咳や痰も出る事無く過ごせているとの事。
風邪を引く事もなく倦怠感や疲労感もないとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年5ヶ月、調子良く過ごせているとの事。
昨年の比べると体調も良く順調に過ごせているとおっしゃって頂けました。
 
漢方服用開始から1年10ヶ月、前回少し痰が気になるとの事で菌を除去する粉薬と免疫を上げる粉薬の2種類を半分の量に、「肺を潤す煎じ薬」を半分量出させて頂きました。
煎じ薬が上手く効いてくれたようで、咳や痰もなく元気に過ごされているとの事でした。
 
調子良く過ごされているようで安心いたしました。
引き続きこの調子で改善が見られていくと何よりですね。